di giorgio catering

Giorgio Matera

プーリア地方の南東部の小さな漁港の町モノポリに生まれたGiorgio Materaは、幼少期からフード&ホスピタリティーの世界に深い興味を示してきました。14歳から、イタリア各地のレストランでサマーインターンシップを経験し、ホスピタリティ専攻で学びながら研鑽を重ねてきました。同時に、高級リゾート・レストランを世界各地で運営する、Relais ChateauのEl Toula Groupを筆頭に、ヨーロッパ各地のイタリアンレストランの名店で経験を積んできました。イタリア料理への情熱を胸にローマ、ミュンヘン、モンテカルロ、ロンドンで働いた後、1988年にEl Toula Tokyoの総支配人に任命され来日しました。

初来日から26年が経ちますが、ホスピタリティーの世界への高い情熱は変わることがありません。イタリア大統領来日の際の天皇陛下ご出席の晩餐会を任された唯一のイタリア人、イタリア料理・文化を海外に広めた功績を認められイタリア政府から“Cavaliere”(ナイト爵位)の授受と数々の実績を重ねてきました。そして、東京のフード&ホスピタリティーの世界で最も尊敬を集め、かつ多忙なイタリア人の一人として認知されています。多様な知見と経験を基に、有名企業、ファッションブランドの依頼に応えてきました。

新たに設立したdigiorgio catering & restaurantを通して、伝統に根ざしながらも革新的なイタリア料理、パーソナライズされた非の打ち所のないサービス、クリエイティブな演出を実現し、これらを総合させた“ラグジュアリー体験”をご提供していきます。